totoFB

V・プレミアリーグへの挑戦! ~NPO法人アザレア・バレーボール振興会~

NPO法人アザレア・バレーボール振興会は、国内トップ・リーグであるプレミアリーグを目指すクラブチームとして、埼玉県内に設立されました。Vリーグに通じる選手の育成と、バレーボールを生涯スポーツとして確立させるために、地域に根差したさまざまな振興活動を積極的に行っています。

【クラブチーム】 クラブチームは、シニアチームと小学生チームを編成。Vリーグに通じる選手の育成を行なっています。
【普及活動】 埼玉県内等で、幅広い年齢を対象にしたバレーボール教室を開催。身体を動かす楽しさを伝える、バレーボールイベントも開催しています。
【振興講演事業】 スポーツへの振興を図る講演事業への支援を行なっています。
NPO法人アザレア・バレーボール振興会
「埼玉県のバレーボールと言えば、アザレア」となるために。
プレミアリーグへ向けて動き出す、男子シニアチーム。

協賛企業

川木建設株式会社
株式会社 ビー・アンド・プラス
株式会社ラックランド

チャレンジリーグ上位
目指しトライアウト

チャレンジリーグに参戦する埼玉アザレアではトライアウトを行います!
参加資格: リーグでの活躍が期待できる選手
日時: 毎週火曜日練習に参加して下さい。詳細は参加決定した後に連絡。
申し込み: 総監督 萩原秀雄まで
(連絡先)090-3439-2423

アザレアサポーター募集中!

埼玉アザレアパートナー(企業)・ファンクラブ(一般)会員募集!
クラブチームを運営していく為には地元の有力企業の皆様や埼玉県内のスポーツを愛好する皆様方のご支援、ご協力が重要なファクターです。目的に賛同された方、興味をもたれた方は活動に参加しませんか。
埼玉アザレアを全国有数のTOP チームに育てる為にも、ぜひとも当振興会にご協力お願いします。

 
▶詳細はこちら

TOPICS

host
TOPICS

2016年2月28日(日)大分ヴァイセアドラー戦

by SuperUser Account on 2016年2月28日 4:25

開催日:2016/02/28 会場:大分コンパルホール

埼玉アザレア● 0-3 〇大分ヴァイセアドラー
第1セット  15-25
第2セット  21-25
第3セット  16-25

▶公式記録

【第1セット】 昨日の敗戦は引きずっていない。サーブで攻め、レシーブで粘る スタイルがバレーに現れていた。しかし大分が強かった。ラリーは続くが最後は決められる。攻撃も通用したが、15-25で第1セットを落とす。

【第2セット】 スタートから茂木を起用。茂木が活躍し序盤はシーソーゲームで9-10. しかし、そこで3連続ポイントを許しそのまま行かれるかと思われたが、笠原・茂木・石田がスパイクで5得点。差を広げさせない。サーブで富永・柴田を投入終盤まで3点差でついていく。富永をそのまま前衛で起用しシーズン初スパイクポイントを決めるが、高さで勝る大分が逃げ切り21-25でこのセットも取られる。

【第3セット】 序盤こそ競った展開であったが、来週プレミアとの入れ替え戦を控えている大分、手を緩めない。大分エースヤカン選手全開のセットであった。それでも埼玉アザレアは、ラリーに持ち込み得点をする場面が多くみられた失点は攻めのサーブの結果である。来季へつながる最終セットであった。16-25のストレート負け。

 2015・16シーズンVチャレンジⅠ第6位で終えることができました。
シーズンを通して振り返ると、前半は週1回の練習不足がそのまま試合に出た。その反省をもとに練習で修正し、試合でチーム力が上がってきた感である。その結果が終盤の勝ち星につながった。欲を言えばあと2つ勝ち星が欲しかったが、実力の結果である。
今後も地道に練習を重ね来シーズンも1歩先に進めるように努力してまいります。
ファンの皆様・ホームゲーム開催地の皆様・他会場の皆様・応援ご支援いただきました多くの皆様に感謝もう上げます。

 2015・16VチャレンジリーグⅠ 応援ありがとうございました。

 選手・スタッフ 一同

2016年2月27日(土)警視庁フォートファイターズ戦

by SuperUser Account on 2016年2月27日 4:13

開催日:2016/02/27 会場:大分コンパルホール

埼玉アザレア● 2-3 〇警視庁フォートファイターズ
第1セット  25-19
第2セット  21-25
第3セット  25-23
第4セット  18-25
第5セット  9-15

▶公式記録

【第1セット】 先制点を取られるが、その後終始リードする展開でディフェンス・攻撃とも好調に終盤。19-16で柴田投入、サーブでくずし21点。先週から加入の富永投入好サーブでセットポイント。25-19で1セット目先取。

【第2セット】 10-6までは1セット目の好調を維持。しかし、ちょっとしたことから崩れ立て直しがきかず8連続得点を許す。終盤挽回するが追いつかず21-25でこのセットを落とす。

【第3セット】 2セット目のムードを引きずりながらも何とかリードする展開で元気印の石井のバックアタックでセットポイント。相手のサーブミスで第3セットを取る。

【第4セット】 中津と笠原で6-4とリードするが、どこかリズムに乗れない。何度か連続ポイントを許し18-25でセットカウント2-2となる。

【第5セット】 0-4でリードされ勝負に出たプレーがミスにつながり9-15でこのセットを落としフルセットで敗れた。

 ちょっとしたきっかけで崩れ、そのまま修正がきかず敗戦となった。精神的な弱さを見せた試合であった。シーズン前半の悪い部分が出てしまった。しかし 前半であればそのまま4セットで終わっていたであろうが、悪い状態でも戦える場面が出てきた。明日は最終戦、全力で勝ちに行きたい。

2016年2月21日(日)東京ヴェルディ戦

by SuperUser Account on 2016年2月21日 7:09

開催日:2016/02/21 会場:三郷市総合体育館

埼玉アザレア〇 3-0 ●東京ヴェルディ
第1セット  25-19
第2セット  25-23
第3セット  25-20

▶公式記録

【第1セット】 中津のクイックで先制すると終始リードする展開となった。第1セット調子の上がらないことが多かったが今日は違った。スタートの選手すべてが集中し活躍した。終盤笠原に替えサーブ石川でさらにムードも上がり、林でセットポイント。石井で25点目。25-19で1セット先取。

【第2セット】 セットを取った後の戦い方が課題の一つであった。金丸のサーブで先制するも4連続得点を許し3-6と嫌な展開となる。しかし笠原・石田・石井で3連続得点6-7。林のサーブで崩し自らのバックアタックもあり4連続得点14-12でリード。このまま押し切れると思われたが、アザレアと激しい順位争いをするヴェルディも必死で追いすがり一進一退が続く、終盤地元応援の後押しで石井2得点をたたき出し、粘りのアザレアバレーで25-23でこのセット逆転勝ち。2セット連取。

【第3セット】 後がないヴェルディの気迫に押され8-4。前回の川越大会が脳裏を過るが、今回のアザレアは違った。力勝負で終盤まで点の取り合い。途中、茂木・柴田をサーブで投入しアザレアも総力戦。中盤からは攻守の歯車がかみ合い一気に流れに乗る。金丸のトスも冴え攻撃陣が答える。終盤も安定したゲーム運びでマッチポイント。ここでキャプテン南の投入で会場は最高潮に達する。最後は石田がクイックを決めて25-20で勝利し3-0のストレート勝ち。

 勝利は勿論嬉しいが、何より会場いっぱいの応援がうれしかった。シーズン2年目で全国を回っていますが前回の川越大会に続き、こんなに大勢の観客・応援は埼玉県が初めてです。感謝の気持ちでいっぱいです。特にチーム創設時からの選手・スタッフは感激です。二日間ご観戦いただきましたファンの皆さま・応援を結成いただきました方々三郷の皆さま・大会関係者の皆様に心から感謝申し上げます。あと2戦全力で戦います。これからも埼玉県のバレーボールのために尽くして、皆様から愛され・応援いただけるバレーボール集団を目指して頑張ります。

2016年2月20日(土)富士通カワサキレッドスピリッツ戦

by SuperUser Account on 2016年2月20日 6:54

開催日:2016/02/20 会場:三郷市総合体育館

埼玉アザレア● 1-3 〇富士通カワサキレッドスピリッツ
第1セット  16-25
第2セット  26-24
第3セット  15-25
第4セット  15-25

▶公式記録

【第1セット】 中津のブロックで先制。好スタート思われたがサーブレシーブが安定せず、ブロックに捕まりリズムに乗れないまま16-25で1セット目を落とす。

【第2セット】 3-3同点から4連続ポイントを許し3-7。相手のミスと笠原のブロックポイントをきっかけにリズムをつかむ。ウィング陣がポイントを重ね22-22で追い付き石田のブロックで23-22。デュースになるも最後は金丸のサービスエースで26-242セット目を取る。

【第3セット】 相手ブロックで先制されるが石井が3得点4-3でリード。8-9までは点の取り合いでこのセットも行けるかと思われたが、富士通10点目のブロックをきっかけにリーグ1位となった本領発揮。サーブとブロックにやられ15-25で3セット目を取られる。

【第4セット】 金丸のツーアタック・林・石井らが頑張るが5-9。ここで笠原に替え石川を投入し直後石川スパイクを決める。これで流れを引き戻しかけたが、富士通の勢いを止められず15-25でセットカウント1-3で敗戦となる。

 2連勝の後のホームゲーム。何としても勝ちたかったが、正直力の差を感じたゲームであった。しかし先週からの粘りのバレーで2セット目のデュースを制したことは明日へ向けて好材料である。明日は絶対に落とせない1戦。明日も応援よろしくお願いいたします。
ホームゲームとはいえ、大変多くの応援をいただき、それも応援団まで結成していただきありがとうございました。大きな力になりました。
それだけに今日の敗戦を申し訳なく思います。明日こそは応援を力に勝利をお見せします。

2016年2月14日(日)つくばユナイテッドサンガイア戦

by SuperUser Account on 2016年2月14日 6:50

開催日:2016/02/14 会場:三重県明和町総合体育館

埼玉アザレア〇 3-1 ●つくばユナイテッドサンガイア
第1セット  15-25
第2セット  25-20
第3セット  27-25
第4セット  25-23

▶公式記録

【第1セット】 0-4スタート。昨日と同じ15-25で第1セット負け。

【第2セット】 昨日と同じ、息を吹き返す。金丸のトス回しが冴え、センター陣と ウイング陣の力を引き出し、茂木のサーブでさらに勢いづき1度もリードを許すことなく 25-20で2セット目を取る。

【第3セット】 正に点の取り合い。アザレアの粘りのレシーブが攻撃のリズムを生み 得点力が上がったこともあるが、その粘りが相手のミス誘う結果となりデユースを制し27-25で連取。

【第4セット】 中盤まで点の取り合いも、つくばの総力戦で15-18リードされる。 林のサーブの場面サーブで崩し、中津・笠原のブロック・石井のスパイクで6連続ポイント。しかし、つくばも必死で追い上げ23-23で並ぶ。石井のバックアタックでマッチポイントを握るとそのまま試合を決めた。25-23連勝で4勝目。

 バレンタインデーにファンの皆様に、「勝利のチョコレート」をプレゼントできました。
ミスも少なく得点力が上がった。リベロ川崎を中心に粘りのバレーから、セッター金丸のトス回しが冴えた結果が連勝につながった。来週はホームゲーム。さらに頑張りますので多くの応援よろしくお願いいたします。三重県の皆さまありがとうございました。

Gallery

GALLERYの見方
1.写真をクリックすると拡大写真が表示されます。 
2.写真下の「▶」をクリックするとスライドショーがスタートします。  
3.「×」をクリックすると閉じます。
前の画像へ  スライドショー自動再生  次の画像へ
移動 フルサイズ表示 閉じる
TOP
 
Copyright © 2016 azalea-volleyball. All Rights Reserved. | Legal Notice | Terms